Micro Focus Net Express® 5.1J

製品の特長

強力な開発環境の選択

.NET Frameworkで実行されるアプリケーションのために、Net Expressは、編集・デバッグ・プロジェクト管理においてCOBOLをVisual Studioに統合しています。また、.NET Framework以外のWindowsやUNIX、Linuxで実行されるアプリケーションのために、アプリケーション開発ツールとウィザードがすべて完備された、先進のIDEを提供しています。強力なプロジェクト処理能力で編集、コンパイルおよびデバッグの工程が簡素化され、COBOLプログラマのニーズに合わせたエディタによってコードの変更が容易です。

最先端のCOBOLコンパイラ

Net Expressのコンパイラは、以下のものを提供します。

  • それぞれのハードウェアプラットフォームでのピークパフォーマンスに合わせて最適化可能な、パフォーマンスの高いネイティブコード
  • 既存アプリケーションのリホストを容易にする、広範囲なCOBOLダイアレクトのサポート
  • スタンドアロンPCから、マルチプロセッサのUNIXシステムにいたるまでの、スケーラビリティ※2
  • グローバルアプリケーションのためのUNICODEサポート
  • マネージドコードと検証可能なコードのマイクロソフト中間言語(MSIL)へのコンパイル
  • メインフレームCOBOL方言との互換性
  • オブジェクト指向COBOL(COBOL2002構文を含む)、およびCOBOL開発とデバッギングの完全サポート

テストカバレッジ

複合アプリケーションにコード変更が行われた場合、その後のテストによってその変更が実際に実行されたかどうかの検証が困難なことが多いものです。テストカバレッジユーティリティは、COBOL開発者によるアプリケーション変更のユニットテスト、ならびにQA部門での「ホワイトボックス」テストを支援します。テストカバレッジは単独または累積のプログラム実行に対して、COBOL プログラムの実行を1行ずつトレースして記録し、プログラム実行を表示したりテストされていないコードブロックを強調表示するテキストまたはHTMLレポートの作成を支援します。


注 ※2

UNIX/Linuxプラットフォーム用にはMicro Focus Server Expressが必要となります。

TOPへ ↑

-----