Orbix Mainframe

概要

Orbix Mainframeは、COBOL、PL/I、IMS、およびCICSアプリケーションなどのメインフレーム・システムと、UNIXやWindowsプラットフォーム上で稼動するアプリケーションとの容易な統合を実現する、メインフレーム・ネイティブなアプリケーション開発/統合ツール群およびサービスを提供します。

Orbix Mainframeを利用することにより、IT部門はメインフレームのアプリケーション、トランザクション、およびデータでしか利用できなかったビジネス・プロシージャとビジネス・ロジックを、一貫性を維持しながら再利用することができ、それらを幅広くサポートすることが可能になります。また、インターネットを介してユーザーや他のシステムにメインフレーム・システムへのアクセスを提供することも可能になります。

本製品の対象

  • メインフレーム資産をJava等で書き直すことなく、効率よく利用することを目指す組織
  • 実績ある業界標準アプリケーション統合テクノロジーを使用し、メインフレーム・アプリケーションと企業内のその他のコンピューティング・リソースのリンクをする組織
  • エンタープライズ・クラスの高い品質を持ったWebサービスの配布を必要とする組織
  • COBOL、J2EEなど、コンポーネント・テクノロジー・ドメイン間の、Webサービスなどの業界標準技術を使用したブリッジを求めている組織

製品の特長

Orbix Mainframeのメリット

  • メインフレーム開発者は、分散システム・テクノロジーから解放され、ビジネス・サービスの提供および活用に専念することが可能
  • ネットワーク、通信、メッセージ管理の自動化
  • 貴重なメインフレーム資産の再利用を推進し、任意のクライアントがアクセスできるサービスとして公開可能
  • メインフレーム開発者は、習得済みのスキルを活用した開発および統合の目標達成が可能

主な機能

  • メインフレーム資産と他のシステムを統合し、Webサービスを通じてWeb上に公開
  • COBOL、PL/I、C++の開発者は、既存のメインフレーム・アプリケーションを再利用可能なサービスとして公開
  • 中間層のシステム(J2EE、.Netなど)とメインフレームは、ピアツーピア方式で相互にアクセス可能
  • メインフレーム、CORBA、J2EE、Webサービス・アプリケーションの境界を越えて、共通サービス(セキュリティ、トランザクション)のデプロイメントをサポート

サポートプラットフォームの情報は こちらを参照してください。

TOPへ ↑

-----