Micro Focus Enterprise Analyzer

概要

複雑な情報システムの可視化

Micro Focus Enterprise Analyzerは、既存のアプリケーション資産の可視化を支援するツールです。

現在のITマネージャにとっての最大の困難はシステムの複雑さであるといわれています。長年にわたって現場の要求にこたえつつ保守を重ねてきた情報システムは、そのアーキテクチャが複雑さを極めておりそれによる様々な弊害が現れがちです。「一つのバグ修正が思わぬところに影響を及ぼし新たなバグを生み出した」、「企業統合のためにアプリケーションの保守を引き継いだが設計文書が実体に即して更新されていない」、「メインフレームマイグレーションを行いたいが棚卸しに莫大な工数がかかる」などが典型的に表面化する問題点と言えます。

Enterprise Analyzerは、このような問題を解決するためにアプリケーション資産全体に対する統一したリポジトリを提供し、各レベルの関係者に対して必要とされる情報を正確かつ迅速に提供します。

Enterprise Analyzer自体はWindows上で稼働し、主にIBMメインフレーム上のCOBOL, PL/Iなどの言語で書かれたアプリケーションを対象としています。

サポート環境

COBOL言語;
ACUCOBOL, Enterprise COBOL for z/OS, IBM VS COBOL II, Micro Focus COBOL, OS/390 COBOL

その他のプログラミング言語;
Enterprise PL/I for z/OS, Natural, VisualAge PL/I for OS/390

その他の資源定義;
IBM JES2/JES3 JCL, IBM CICS資源定義, IBM IMS資源定義

活用シナリオ

日常の保守作業の効率化と品質向上

プログラマによるコードの保守作業がビジュアルで包括的なビューで支援され、作業の生産性を著しく向上させます。また、関連するコード箇所を自動的にハイライトさせることにより、変更に伴う影響を漏れなく把握することができ、事故を防止します。

アプリケーションのリバース設計の支援

様々な理由によってブラックボックス化してしまったアプリケーションのコードに内包されているビジネスロジックを抽出し、業務仕様を逆文書化しなければならないことがあります。一般には膨大な工数がかかりますが、影響分析ツールや各種クロス参照レポートによって自動生成される情報が大幅な工数削減に寄与します。

メインフレームマイグレーションの支援

マイグレーションの第一歩である棚卸作業で、使用されていない・または不足しているメンバーの洗い出しを自動化します。さらにアセスメントレポートが移行後の環境で障壁となりうるコード箇所を自動的にハイライトし、プロジェクトの最初の時点でのコスト試算の精度を高めます。

fig01

TOPへ ↑

-----