Micro Focus Enterprise Analyzer

製品の特長

ダッシュボード
ダッシュボード
情報ソースの可視化
情報ソースの可視化
再利用可能な出力情報
再利用可能な出力情報

1.プログラマの生産性向上

Enterprise Analyzer は、プログラマやシステム運用担当者による日常の保守業務の生産性を著しく向上させます。ソースコード上でのマウスのポイント&クリック操作によって関連箇所に自在にハイパーリンクされ、思考の流れを途切れさせることなくコードの解析・修正を行うことができます。
さらに、着目しているコード箇所のフローチャート表示や段落間呼び出し関係のグラフ表示など、コードの理解を深めるためのビジュアル化を行います。

2.プログラマの作業品質の向上

Enterprise Analyzer を使用してコードの修正が他に及ぼす影響を漏れなく理解することが容易になります。また強力なクエリー機能は、膨大な既存コード内に潜在する同一原因による障害を素早くそして漏れなくリストアップします。
さらにデッドコードや使用されないデータ項目などの整理を支援することによって、作業の対象範囲自体を最適化します。

3.テクニカルな情報ソースとビジネスユーザーの情報ソースの融合

Enterprise Analyzer は、リポジトリの作成時にアプリケーションのソースコードなどのテクニカルな情報だけでなく、開発者やエンドユーザーの知識として蓄えられている情報をもインポートすることができます。これによって、いわゆるリバースエンジニアリングツールの限界を超えて、ビジネスユーザーが真に求める情報までをも提供することができます。

4.マルチユーザーでのリアルタイムな情報共有

Enterprise Analyzer はスタンドアロン構成で使用することも可能ですが、その真価はクライアント・サーバー構成で複数の利用者がリポジトリを共有する形態で発揮されます。全開発者・管理者が共通のリポジトリを「唯一の事実」として作業することができ、情報に対して加えられた変更は即時に全員が共有することができます。

5.汎用的で再利用可能な出力情報

Enterprise Analyzer の出力する各種レポートはすべて、HTML、Excel、Word などの再利用可能な形式にエクスポートすることができます。これによって様々なプロジェクト作業文書の中で活用することができます。また、各種のチャート、ダイアグラムはJPEG/GIFF などの画像ファイルとしてだけでなく、Visio による再加工可能な形式でもエクスポート可能です。

TOPへ ↑

-----