Atlas

アジャイル開発向け要件定義・要件管理ツール

評価版お申し込みページへ   見積り依頼ページへ

アジャイル開発の要件を素早く開発チームに展開し、進捗を可視化する

要件管理では、技術要件と非機能要件の両方において、システム利用者とシステム開発者間の合意を確立し、維持することが重要です。この合意は、プロジェクト全体の見積もり、計画、実行、追跡、および開発されたソフトウェアの保守と機能拡張のためのベースとなります。

一般的に、ソフトウェア開発の労力の30〜35%が手戻り作業に費やされ、ソフトウェアの欠陥の50%以上、手戻り作業においては80%以上が要件関連の欠陥に起因するといわれています。要件を適切に管理することは、決められた工期や予算内でソフトウェアを提供することに直結し、顧客満足度の向上にも寄与します。

また、モバイルマーケットの拡張やクラウドの普及にともない、IT環境の進化は加速しており、顧客のニーズや環境の進化に応じて柔軟に素早くソフトウェアをフィットさせていかなくてはなりません。そのためには、要件を状況の変化にあわせてフレキシブルに更新することや、その情報を適切に管理し、タイムリーにチーム内で共有することが重要です。

アジャイル開発は、変化の早い開発プロジェクトに素早く対応できるフレキシブルな開発手法です。非常に融通性が高くインタラクティブなので、迅速かつ頻繁に発生するプロジェクトの要件変更に対応できます。Atlasは、アジャイル開発サイクルを強力にサポートする、他に類を見ないアジャイル開発向け要件定義・要件管理ツールです。サイクルの早いアジャイル開発において、上流工程からプロジェクトの成功に貢献します。

Atlasのメリット

モバイルマーケットの拡大やクラウドの普及に伴い IT 環境の進化は加速しており、顧客のニーズや環境の進化に応じて柔軟に素早くソフトウェアをフィットさせていかなくてはなりません。アジャイル開発は、変化の早い開発プロジェクトに素早く対応できるフレキシブルな開発手法です。非常に融通性が高くインタラクティブなので、迅速かつ頻繁に発生するプロジェクトの要件変更に対応できます。Atlas は、アジャイル開発サイクルを強力にサポートするアジャイル開発向け要件定義・要件管理ツールです。サイクルの早いアジャイル開発において、上流工程からプロジェクトの成功に貢献します。

1.ステークホルダー間でスムーズに要件のステータス を共有

ビジネスチームが開発状況を正確に把握するためには、複数のデリバリーチームやステークホルダーからフィードバックを簡単に収集し、共有できるようにする必要があります。 Atlas は、ビジネスチームとデリバリーチーム、他ステークホルダー間で使用することにより、スムーズな要件リクエストや、要件に関する進捗状況のタイムリーな共有など、要件に関する情報やステータスを集中管理、可視化します。円滑で正確なコミュニケーションがとれる環境を整備し、迅速なデリバリーを支援します。

2.要件とテストの連携

テスト管理ツールと連携することにより、テスト基準をビジネス要件から生成し、要件に忠実なテストの設計、実行を支援します。また、テストの実施状況や結果を要件に直接フィードバックできるので、ビジネスチームからも容易にテストの進捗状態を把握できるようになります。Atlas は、要件定義の一元管理とテストを含む開発の進捗状況を統合し、開発中のコラボ レーションを改善します。

3.リアルタイムな状況把握が可能

デリバリーチーム内では、要件をエピックや複数のストーリー、タスクに分散して管理することが多く、ビジネスチーム側からリクエストした要件 の進捗状況を追跡することは大変困難です。 Atlas は、アジャイルプロジェクト管理ツールと連携することにより、ステータス情報を自動的に収集し、要件と紐付けを行います。コラボレーションを強化し、スムーズなプロジェクトスケジュールや進捗状況の把握をサポートします。

4.要件変更のトレーサビリティ

なぜデリバリースケジュールが変わったのか? 他のスケジュールにどのような影響を与えるのか? など、要件変更が行われると、プロジェクトのどの部分に影響が発生するかを把握する必要があります。Atlasでは、ベースラインとなる以前の計画と比較して、プロジェクトスコープがどのように変化したかを確認できます。

fig08
チーム間のギャップを解消

TOP

-----