Silk Central

Webベースのソフトウェアテスト管理

評価版お申し込みページへ   見積り依頼ページへ

分散型テスト環境の構築とテストプロセス全体の管理

プロジェクトを成功に導くためにはプロジェクトチーム、プロセス、ツールの効率的なコラボレーションが必要になります。特にテスト駆動型開発、アジャイル開発などテストを中心とする開発スタイルにおいて品質を確保するには、テストの実行だけに注力するのではなく、品質状況やプロジェクト参加者の間で必要な各種詳細情報を常に収集し、共有できることが大切です。何がいまテストされているのか、テスト結果はどうなっているのか、テスト内容に対して要件はどう定義されているのか、テスト実施上のメトリクスはどう定義されていて現状その内容はどのようになっているのか。Silk Centralではこのようなテスト実施における様々な状況を可視化し、テスト実行の効率化のみならず、プロジェクトチーム、プロセス、ツールの効率的なコラボレーションをめざしたトータルな品質の向上を実現します。

Silk Centralのメリット

テスト資産一元管理の仕組み
テスト資産一元管理の仕組み
要件に基づいたテストの実現
要件に基づいたテストの実現
手動テストの割り当て
手動テストの割り当て
手動テストの開始画面
手動テストの開始画面

Silk Central は、ビジネス要件をベースにしたテスト要件の定義、テストの実行、実行した結果の管理、テストで発生した問題の管理など、テストプロセスで作成される資産を管理する総合的なプラットフォームです。テスト実施におけるさまざまな状況を可視化し、テスト実行の効率化のみならず、プロジェクトチーム、プロセス、ツールの効率的なコラボレーションを可能にすることで、生産性と品質の向上を実現します。

1. 要件に基づいたテストの実現

開発プロジェクトにおけるすべての活動は、要件をどのようにして実現するかを目的にしており、テスト実施においても、要件をベースにテスト項目やテスト結果状況を把握することはプロジェクト遂行上、非常に重要なポイントになります。Silk Central では要件とテスト項目、テスト実行結果の関連づけや、要件ベースでのテスト規模と消化状況をグラフで確認することができ、テスト項目数の消化のみを目標として突き進むのではない、真の意味でのプロジェクト最終成果物の完成状況を把握することができます。

2. テスト資産一元管理による可視化、再利用の向上

テスト項目、テストシナリオ、テストデータ、テスト実行環境、テストで発生した問題などのテスト作業に関連する様々な情報は、何も統制するものが無かったり、または、統制するものがあっても遵守状況がはっきりしなかったりすると、プロジェクトメンバ個人のやりやすいように様々なところに分散してしまう可能性があります。このような状況に陥ると、後から何が正しい情報かが不明瞭になり、最悪の場合、それを追跡することすらできなくなります。Silk Central ではこれらテスト作業に関する情報一式を一元管理できるため、テスト実施後にあとから具体的な状況を分析したり、追跡することが容易にできます。
また、蓄積したこれらのテスト資産を再利用し、次期開発や同種のプロジェクトのスムーズなスタートを実現することが可能になります。

3. 自動テストを利用したテスト実行の効率化

マイクロフォーカスの機能テスト自動化ツール Silk Test、負荷テストツール Silk Performer をはじめ JUnit、NUnit、Fitnesse などのオープンソースソフトウェアのテストフレームワークを利用した自動テスト実行ができます。
自動テスト実行の際にはスケジューリング、自動テストが動作するデスクトップ、ビデオ録画の有無、実行結果のメール通知などの設定ができ、これらをうまく活用することで効率的なテストの実施が可能です。

4. 手動テストの利便性を向上

テスト自動化が適用できる範囲は全テストの30%〜40%と言われています。Silk Central には手動テスト用のテスト計画が定義でき、稼働時間に合わせてテストエンジニアに簡単にアサインすることができるインターフェースが用意されています。
手動テストを行うエンジニアは、ダッシュボードから自分が行うテストをピックアップしてテスト手順や割り当て時間を確認したり、入力データと期待する結果を確認しながらテストが行えます。
また、テスト結果および問題の報告もここで行えます。証跡確保のためのイメージキャプチャーの取得や、デスクトップ画面全体のビデオ録画を行う機能も用意されています。

評価版お申し込みページへ   見積り依頼ページへ

TOP

-----