Silk Performer

高精度の負荷テストおよびパフォーマンステストの実現

評価版お申し込みページへ   見積り依頼ページへ   テストツール・ソリューション関連のイベント・セミナーへ

アクセスの増加によるシステムの遅延、停止を事前のテストで検証

年々加速するシステム構築の短期化と多様化していく環境に対応するために、いかに効率的に品質を保ち続けるかが課題となっています。
こうした中、負荷テストの必要性やあり方についても認識が高まっています。一方、負荷テストには高いスキルや知識、専門的なツールの操作方法の習得などにコストや時間がかかります。それにより負荷テストへの取り組みや工程の改善にブレーキがかかっているのも現状です。
Silk Performerは操作性に優れており、特別な知識がなくても正確で効率的なテストの作成と実行が可能です。また、さまざまなエンタープライズ環境やプラットホームにおける数千万もの膨大なITシステムユーザーまでもシミュレートします。

Silk Performerのメリット

Silk Performerによる負荷テストのイメーシ
Silk Performerによる負荷テストのイメーシ
Silk Performerのワークフローバー
Silk Performerのワークフローバー
スクリプトの動作をシミュレートした画面
スクリプトの動作をシミュレートした画面

日々変わるシステムの負荷の状況下において、さまざまなシナリオを用いてシステムのパフォーマンスを監視し、エンドユーザー側からビジネスアプリケーションのパフォーマンスを測定することにより、アプリケーションの品質を維持できます。
また、次の項目を実現することにより、コストを削減し、パフォーマンスリスクを最低限に抑えます。

  • アプリケーション展開の前に、パフォーマンス、スケーラビリティ、および信頼性を正確に把握できます。
  • サーバーの使用状況や要件をカバーするため、現実的で再現可能な負荷テストシナリオを作成できます。
  • システムにおけるパフォーマンス問題の根本原因をすばやく突き止め、効率的に解決できます。

1.初めてでも分かりやすい操作性

Silk Performer は、負荷テストの一連の手順をワークフローバーに表しています。ワークフローバーの各ボタンは、スクリプトの作成、実行、結果分析のタスクを示しており、左から順番に作業を行うことにより、負荷テストが進んでいきます。
現在行っている作業が終了すると、次のアイコンが有効になるため、初めての方でも簡単にアプリケーションの操作が可能になります。

2.クライアントの動作をシミュレーション

Web アプリケーションの表現力も進歩し、Flex や AJAX というクライアントでの動作が必要なコンテンツが増えてきました。
今までの負荷テストでは、サーバーに負荷を与えることが重要視されていたため、仮想ユーザーの動作までシミュレートするものではありませんでした。
Silk Performer では、仮想ユーザーの動作までシミュレートし、Flex や AJAX などクライアントの動作を確認することにより、正確な負荷テストを実現しました。また、異なるブラウザのユーザーエージェントをサーバーに送信し、Web コンテンツのレンダリングが可能です。

3.モバイルデバイスでの負荷テスト

Silk Performer はスマートフォンやタブレットを利用した負荷テストを簡単に実行することができます。
エミュレーターや実機でも動作の記録ができ、モバイル環境を含めたハードウェアや OS、ブラウザの種類に依存せずにテストスクリプトを再生することができます。また、再生時には帯域幅やサーバーとの距離などもシミュレートしますので、モバイル環境でのリアルな負荷テストを実現することができます。

4.仮想アプリ、仮想デスクトップでの負荷テスト

情報セキュリティ対策としてインターネット分離の導入が進んでいます。
Silk Performer は、Citrix XenApp、Citrix Desktop、VMWare Horizon View に対する負荷テスト、性能テストをサポートし、安全面に考慮した仮想環境の利便性確保に貢献します。

5.性能要件に基づいた負荷テストの実現 Silk Centralとの連携

性能要件に基づいたテスト計画と実行、その結果を確認・監視することで性能品質の観点から効率的に負荷テストを管理することが可能です。
Silk Performer は、テスト管理ツール Silk Central と連携することにより、要件との関連付け、計画的な実行、テスト結果の管理、ポートフォリオ・ レポートの作成等がより容易に行えます。

評価版お申し込みページへ   見積り依頼ページへ   テストツール・ソリューション関連のイベント・セミナーへ

TOP

-----