イベント&セミナーご案内

ISO 26262 第2版発行直後!自動車版機能安全規格ISO 26262・車載セキュリティセミナー

自動車に搭載するシステムをリリースするには、製品開発プロセスが自動車版機能安全規格ISO26262を満たしている事を証明する必要があります。そのためには、製品開発のプロセス定義やプロセスの自動化、証明に必要な情報の管理などを含む、包括的なプロセス管理環境の構築が必須です。規格を満たしていない場合、製品開発・生産業務を受注できなくなるリスク、及び、PL訴訟時に敗訴するリスクがあります。欧州自動車メーカーの監査では、フリーツールを変更・プロセス管理に適用した場合に、不適合とされるケースも発生しています。

2018年12月に、ISO 26262 第2版が発行されました。
ISO 26262 第2版では、大型車・自動二輪・セキュリティ・半導体の記載が追加されています。

また、自動車メーカーからは、ISO 26262 第2版発行、及び、自動運転を考慮して、セキュリティに関する要求もではじめています。

本セミナーでは、ISO 26262 第2版の最新情報・セキュリティ規格の最新情報、及び、プロセスを自動化する管理ツール適用時の課題と効果事例をご紹介いたします。

実施要領

■日時 2019年1月18日(金)15:00〜17:00(受付開始 14:30)
■場所 マイクロフォーカス セミナールーム
東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー19階
■主催 SGSジャパン株式会社、マイクロフォーカス合同会社
■定員 40名(定員となり次第締め切らせていただきます)
■対象 自動車関連の開発に携わる方、ISO26262等の安全基準を満たす必要がある方、
社内開発システム標準化担当者、システム開発担当者及びマネージャ
■参加費 無料
■セミナー申込方法:
こちらからお申し込みください。
弊社にてお申し込み確認後、受講票をメールにてお送りいたします。
■お問い合わせ先:
マイクロフォーカス合同会社 マーケティング部
e-mail:qa-marketing@microfocus.co.jp

プログラム内容

15:00-16:00
「自動車版機能安全規格ISO26262第2版の業界動向と管理ツールの適用事例」
・業界動向
・ISO 26262 第2版の最新情報
・セキュリティ規格の最新情報(SAE J3061、策定中のISO/SAE 21434)
・ISO 26262に対する管理ツール適用の課題と効果事例
SGSジャパン様
16:00-16:10 休憩
16:10-16:50
「マイクロフォーカスによるソフトウェア開発管理」
・自動車メーカー様における最新の導入事例
・SBM によるプロセス構築の概要とフリーツールとの比較
マイクロフォーカス
16:50-17:00 質疑応答

※内容は変更の可能性もありますのであらかじめご了承ください。

-----