Technical FAQ - Net Express (インストールとライセンス)

質問一覧:

4.1 CGIプログラミングからクライアントのIPアドレスを見つけられるか
4.2 NetExpressをインストールした時、Base Componentsのオンラインマニュアルのインストールを忘れた。
4.3 Windows2000の起動ユーザー
4.4 NetExpressを他のマシンに移したい


4.1 CGIプログラミングからクライアントのIPアドレスを見つけられるか

質問:

CGIプログラムから、クライアントの IP アドレスを見つけられますか?

回答・回避策:

CGIプログラミング用のサーバで提供されているすべての環境変数にアクセスできるCOBOLシンタックスを使用することができます。

例1 クライアントのIPアドレスの取得:

01 ip-addr pic x(15). 
... 
display ""REMOTE_ADDR"" upon environment-name 
accept ip-addr from environment-value 
例2 ブラウザバージョンの取得:

01 browser-version pic x(100). 
... 
display ""HTTP_USER_AGENT"" 
accept browser-version from environment-value

4.2 NetExpressをインストールした時、Base Componentsのオンラインマニュアルのインストールを忘れた。

質問:

NetExpressをインストールした時、Base Components(基本コンポーネント)のサブオプションのオンラインマニュアルのインストールを忘れ、後からインストールしようとしましたが、製品をアンインストールして下さいというメッセージがでました。

回答・回避策:

上記のような場合も含め、Base Components(基本コンポーネント)のサブオプションを選択し忘れたり、ODBCドライバの選択もれをした場合、一旦、NetExpressをアンインストールしなければなりません。
製品をアンインストールする場合は、Windowsの[スタート] メニューから、[設定]をクリックし、[コントロールパネル] をクリックします。次に [アプリケーションの追加と削除] をダブルクリックし、Micro Focus NetExpress を選び、[追加と削除]をクリックして、削除してください。アンインストール画面の指示に従って削除しますが、「ライセンスの無効化」ウィンドウで、「保持(E)」ボタンを必ず選んでください。一度取得したライセンスが維持されますので、NetExpressをインストールしても、ライセンスを再度とる必要はなくなります
ただし、Dialog System、UNIXオプション また PVCS バージョンマネージャは、追加で、インストールできますので、アンインストールする必要はありません。

4.3 Windows2000の起動ユーザー

質問:

Windows2000で起動するためのユーザー権限は?

回答・回避策:

Windows2000上ではNetExpress3.0Jの起動は""Power Users""または""Administrators""で行う必要があります。""Users""では起動できません。
(これは、Windows-NT では一般ユーザーにもHKEY_LOCAL_MACHINEレジストリの権限があったが、Windows2000では""Power Users""と""Asministrator""のみに権限があるために起こる制限事項です。)

4.4 NetExpressを他のマシンに移したい

質問:

マシンの機能アップに伴いNetExpressを他のマシンに移したいのですが、新しいマシンにそのままインストールをすればいいのですか。

回答、回避策:

旧マシン上でNetExpressをアンインストールしていただく必要がございます。その際に現在使用されているキーを”Revoke(無効化)”するか?”Retain(保持)”するか?と聞かれますので、”Revoke(無効化)”を選択してください。するとこの時に”Revoke Key(無効化キー)”が発行されますので、これを控えておいてください。新しいマシン上でインストールした時に発行される要求キーと合わせて、Responseキーの申請を行ってください。

戻る

-----