システム要件【Silk Central

SCROLL DOWN

 

サーバシステムの要件

ハードウェア

プロセッサ
  • Intel Core i5、または、より高性能な CPU
RAM
  • 8GB以上
ハードディスクの空き容量
  • 30GB以上(データベース容量を除く)
ネットワーク
  • 100Mbit

OS

フロントエンド、アプリケーション、およびチャートの各サーバー
  • Windows Server 2019
  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2012 R2 64bit
  • Windows Server 2012 64bit
実行サーバー
  • Windows 10 32bit/64bit
  • Windows 8.1 32bit/64bit
  • Windows Server 2019
  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2012 R2 64bit
  • Windows Server 2012 64bit
  • Ubuntu
  • Redhat Enterprise Linux
  • Debian
  • Suse Linux
モバイルデバイステスト
  • Android 5.x, 6.x, 7.x, 8.x, 9.x, 10.x
  • iOS 10.x,11.x, 12.x,13.x

Webサーバー

  • IIS 8 32bit/64bit
  • IIS 10 32bit/64bit

データベースサーバー

  • Microsoft SQL Server 2017
  • Microsoft SQL Server 2016 SP2
  • Microsoft SQL Server 2014 SP3
  • Oracle 12c (バージョン 12.1.0.2) Oracle RAC はサポートされません。
  • Oracle 11g (バージョン 11.2.0.4) Oracle RAC はサポートされません。

クライアント環境の要件

ハードウェア

プロセッサ
  • Intel Core i3、または、より高性能な CPU
RAM
  • 2GB
ハードディスクの空き容量
  • 1GB

Webブラウザ

  • Windows Internet Explorer 11 以降(互換モード以外)
  • Mozilla Firefox
  • Google Chrome
  • Microsoft Edge

※Edge と Chrome は NPAPI をサポートしないため、手動テストのビデオ録画、スクリーンキャプチャ、コードカバレッジをサポートしません。

※手動テストUIは JRE7 update 79 以降が必要です。IE11を使った手動テストでは、32ビット版Javaをクライアント上にインストールする必要があります。

インテグレーション可能な製品

マイクロフォーカス製品

  • AccuRev 7.2
  • Caliber 11.4, 11.5
  • Silk Performer 20.5
  • Silk Test 20.5
  • StarTeam 15.x, 16.x, 17.0
  • Mobile Center 2.51 以降
  • Unified Functional Testing (UFT) 14.0

サードパーティ製ソフトウェア

  • Apache Commons Virtual File System (VFS)
  • Atlassian JIRA 6, 7, 8
  • Atlassian JIRA Agile 6, 7, 8
  • Bugzilla 4.4.13, 5.0.4
  • CA Agile Central
  • Git 2.20.1
  • IBM Rational ClearQuest 8.0
  • IBM Rational DOORS 9.5, 9.6
  • IBM Rational DOORS Next Generation 6.0
  • JUnit 4.x, 5.x
  • Java Runtime Environment 1.8の最新バージョン
  • NUnit 2.6.4, NUnit Console/Engine 3.8
  • Microsoft Visual Studio / Visual Studio Test Agent 2015
  • Microsoft Office Excel 要件とテストのインポートとして.xlsxをサポート
  • Microsoft Office Word 要件のインポートとして.doc, .docxをサポート
  • SAP Solution Manager 7.2
  • Subversion 1.9
  • Team Foundation Server 2015, 2017
  • VersionOne Enterprise Edition
  • VMware vCloud Director 5.5