SCROLL DOWN

Silk 製品 新バージョン販売開始のお知らせ

2020 年 12月 10 日

 

お客様各位

 

マイクロフォーカス合同会社

 

マイクロフォーカス合同会社は、機能テスト自動化ツール「Silk Test 21.0」、負荷テストツール「Silk Performer 21.0」およびテスト管理ツール「Silk Central 21.0」を本日より販売開始します。出荷開始は 2021年 1 月 20 日となります。

 

3製品それぞれの主な強化機能は以下のとおりです。

 

■Silk Test(機能テスト自動化ツール)

Silk Test は、幅広いIT環境に対応した機能テスト/回帰テストの自動化ツールです。複雑なテストを簡単な操作で記録・自動実行することでテスト精度を上げ、十分なテスト工数を確保します。
新バージョン21.0では、Pythonでスクリプトを記録、再生できるようになりました。また、統合可能な開発環境にInteliJを追加しました。Silk4J および Silk4NETは、本バージョンより UFT Developer と名称が変更されました。

 

※Silk Test 21.0の強化機能詳細とサポート環境はこちらをご参照ください。

※Silk Test の製品概要につきましてはこちらをご参照ください。

 

 

■Silk Performer(負荷テストツール)

Silk Performerは、効率的で正確な負荷テストを実現するツールです。高い分析機能や充実した結果レポート機能も備え、包括的に負荷テストの生産性向上をサポートします。
新バージョン21.0では、Webプロトコルレベル機能やブラウザ駆動型負荷テストなどの機能強化を行いました。ブラウザ駆動型負荷テストではChrome、Firefox、Edge、Operaを使用した操作の記録と実行やこれらのブラウザに対するロケーターの生成、変更ができるようになりました。

 

※Silk Performer 21.0 の強化機能詳細とサポート環境はこちらをご参照ください。

※Silk Performer の製品概要につきましてはこちらをご参照ください。

 

 

 

■Silk Central(ソフトウェアテスト管理ツール)

Silk Centralは、テストに関する様々な資産を一元管理し、テストプロセス全体のトレーザビリティを向上させるツールです。テスト管理にかかる煩雑な作業の削減と円滑な資産の共有を実現し、テスト全体の効率化を支援します。
新バージョン21.0では、テストで発生した問題を要件に関連付ける機能やマッピングファイル管理機能の強化を行いました。

 

※Silk Central 21.0 の強化機能詳細とサポート環境はこちらをご参照ください。

※Silk Central の製品概要につきましてはこちらをご参照ください。

 

 

各製品の評価をご希望の方はこちらのお問い合わせフォーム、またはメール(qa-sales@microfocus.co.jp)にてお問い合わせください。

 

 

■マイクロフォーカスのテスト製品・サービスに関するお問い合わせ先

マイクロフォーカス合同会社 SDT事業部  営業部  Silk製品担当
E-mail: qa-sales@microfocus.co.jp
URL: https://www.microfocus.co.jp/mfproducts/silk/

 

ニュースリリース関連情報