Windows Server 2008, Windows Vistaでの制限事項について

SCROLL DOWN

Micro Focus Net Express, Micro Focus Server for COBOL <Windows>, Micro Focus Server for SOA <Windows>を、Windows Server 2008 および Windows Vista で使用する場合、以下の制限があります。

 

  • Windows Server 2008, Windows Vistaにはデフォルトで Winhlp32.exe が提供されていません。Net Express には、IDE が表示するポップアップヘルプなど、いくつかの箇所で Winhlp32.exe が使用されています。 Windows Server 2008, Windows Vista用の Winhlp32.exe はマイクロソフトからダウンロード提供されていますので、これを追加してください。

  • Windows Server 2008, Windows Vista上では、Net Express製品のデフォルトのインストール先である C:¥Program Files には特別なアクセス制限がかかっています。このため、その下の ¥Examples フォルダにコピーされている例題プログラムを、その場所のままでコンパイル・実行するとエラーが発生します。作業用フォルダにコピーしてコンパイル・実行してください。


  • Windows Server 2008, Windows Vista上では Internet Application Wizard と Form Designer が動作しません。この問題に対する回避策はありません。

  • Windows Server 2008, Windows Vista上では、Enterprise Serverでデフォルト設定の ESDEMO を起動すると、「対話型サービスダイアログの検出」というポップアップエラーが表示されます。これは、Windowsサービスのようなユーザの無いプロセスがユーザコンソールに何かを出力することを Windowsが禁止しているためです。この問題を回避するには、サーバーのプロパティで「ローカルコンソールを表示」をオフにしてコンソールが表示されないようにしてください。または、Micro Focus Directory Server をサービス停止してから、Net Expressコマンドプロンプトから mfds.exe を再起動して運用します。mfdsの起動時にWindowsファイアウォールの確認ダイアログが出る場合には、これに対して応答してください。

  • Windows Server 2008, Windows Vista上では、Enterprise Serverでデフォルト設定のサーバーで cassi /a を使用してデバッグコンテナを起動すると、「対話型サービスダイアログの検出」というポップアップエラーが表示されます。これは、Windowsサービスのようなユーザの無いプロセスがユーザコンソールに何かを出力することを Windows が禁止しているためです。この問題を回避するには Micro Focus Directory Server をサービス停止してから、Net Expressコマンドプロンプトから mfds.exe を再起動して運用します。mfdsの起動時にWindowsファイアウォールの確認ダイアログが出る場合には、これに対して応答してください。

    以上