バーチャル モダナイゼーション フォーラム 2020

SCROLL DOWN

概要

マイクロフォーカス合同会社は「モダナイゼーション フォーラム 2020」を、10月14日(水)オンラインで開催いたします。

 

世界中がかつてない大きな変化に直面している今、あらゆる企業・組織において「デジタル化」は喫緊の課題であり、デジタルトランスフォーメーション(DX)実現のスピードは企業の競争力に直結します。急激な環境の変化に伴い、IT部門が対応しなければならないDXのプロジェクトは多岐にわたります。本イベントでは「DX実現に向けた既存システムのモダナイゼーション」という観点で、最新情報をお届けします。

 

既存アプリケーションを見直し、最新テクノロジー環境で最適化されたシステムへモダナイズすることは、低リスク・低コストで迅速にDX実現へ向かうための第一歩です。今回Keynoteには、企業のアプリケーション戦略に関するリサーチ・分析の第一人者である ガートナージャパン アナリスト 片山治利様をお迎えし「DX実現に向けたエンタープライズアプリケーション戦略」についてお話しいただきます。マイクロフォーカスからは、既存アプリケーション資産のクラウド環境への移行と最適化、アプリケーションのマイクロサービス化、JavaとCOBOLの連携など、マイクロフォーカスが提供する最新ソリューションと技術について解説します。

 

この機会に是非ご視聴いただきたくご案内申し上げます。

実施要領

日時
2020年10月14日(水)
 13:20 バーチャル会場オープン
 13:30~17:00 ライブ配信
会場
オンライン開催
開催2日前までにログイン用個別URLを事務局より送付いたします。
当日は13:20以降、ログインいただけます。
主催
マイクロフォーカス合同会社
対象
基幹システム構築に関わる企業の情報システム部門または関連情報システム会社の方、システムインテグレーター、コンサルティング会社、開発会社の方
※ 個人の方および競合製品・サービスをお持ちの企業の方は受講をお断りする場合がございます。
受講料
無料(事前登録制)
参加する

「参加する」ボタンよりお申し込みください。

お問い合わせ

マイクロフォーカス合同会社

バーチャルモダナイゼーションフォーラム事務局

E-mail: MForum@microfocus.co.jp

プログラム内容

13:30 17:00

13:20                  バーチャル会場オープン

13:30                  本イベントの概要と視聴に関するご案内

 

13:40-13:50        

ご挨拶

 Stephen McNulty, President APJ, Micro Focus

 

13:50-14:50        

Keynote

DX実現に向けたエンタープライズアプリケーション戦略

「TIME」と「ペース・レイヤ」を活用して自社のアプリケーションを見直そう ―「2025年の崖」克服に向けて

 

コロナ禍で社会の状況は急変しました。企業にとってデジタルトランスフォーメーションの重要性は一層高まり、新規システムの迅速な開発とともに、既存システムの見直しとモダナイゼーションも「待ったなし」です。本セッションでは、ガートナーが提唱する、既存アプリケーションの分類・評価に有効な「TIME」と「ペース・レイヤ」というフレームワークについて概説します。この両フレームワークは、経済産業省のデジタルトランスフォーメーションに向けた研究会が公開した「DXレポート」においてデジタルトランスフォーメーションを実現するステップとして提唱されている、IT資産の分析・評価およびIT資産の仕分けとプランニングに活用することができます。

 

ガートナージャパン株式会社 リサーチ&アドバイザリ部門

シニア ディレクター アナリスト 片山治利様 講師プロフィール

 

14:50-14:55         休憩

 

14:55-15:55        
Session 1

マイクロフォーカスのモダナイゼーション ソリューション

メインフレームやオープンレガシー上の既存アプリケーション資産を最新環境でどう活用するか ―クラウド環境への移行と最適化、アプリケーションのマイクロサービス化、JavaとCOBOLの連携など、最新のモダナイゼーション・ソリューションとそれを支援する製品群についてお話しします。また、今年弊社が欧米で実施したCOBOLおよびモダナイゼーションのユーザー動向に関する調査結果と、それを踏まえたマイクロフォーカスのモダナイゼーション戦略もご紹介します。

 

マイクロフォーカス合同会社 COBOL事業部

 

15:55-16:00         休憩

 

16:00-16:55        

Session 2

モダナイゼーション技術解説

本セッションでは、モダナイゼーション実現のためにキーとなる最新技術について、以下のテーマごとにデモを交え解説します。

     Tech Tips 1:サーバーレスコンピューティングをCOBOLと.NETで実装

     Tech Tips 2:IDEで作成したCOBOLアプリをダイレクトにDockerコンテナにデプロイ

     Tech Tips 3:COBOLからダイレクトにJavaクラスを作りマイクロサービス化を実現

     Tech Tips 4:COBOL専用の単体テストフレームワークでテスト効率をアップ

     Tech Tips 5:COBOL, PL/I形式のデータ メンテナンスはこれ1つで解決!

 

マイクロフォーカス合同会社 COBOL事業部

 

17:00                   バーチャル会場クローズ

 

  • 内容・スケジュール等が変更になる場合がございます。予めご了承ください。

  • 記載の社名・製品名は各社の商標または登録商標です。

イベント・セミナー関連情報