特長・機能【Micro Focus Enterprise Server

SCROLL DOWN

特長一覧

1. 既存アプリケーション資産を活かしたメインフレームオルタナティブ

Enterprise Serverを使用したリホストでは、IBMメインフレーム上で稼働していた COBOL, PL/I, JCL, CICS, IMSアプリケーションのソースコード変更を最小限に抑えて再利用します。このため長年にわたって企業のビジネス活動を支えてきた実績のあるアプリケーションを低リスクでリホストすることが可能です。

2. ストレートなリホストによる迅速なコスト回収

既存のアプリケーション資産をそのまま再利用するため、低コストでリホストを行うことができます。このためコード変換によるマイグレーションに比較すると高い投資対効果が期待できます。

3. 将来のモダナイゼーションの布石

ストレートなリホストによって達成した短期的なコスト削減の結果を、長期の計画に基づくアプリケーション全体のモダナイゼーションへの投資に注入することができます。

4.Dockerコンテナ対応

RHEL 7.4 以降、SLES 12 SP3 以降に対応した COBOL ランタイムの Docker ベースイメージを提供しています。Docker コンテナは、コンテナ毎にライセンスを購入する必要がなく、Docker が稼働する物理/仮想サーバーに割り当てたコア数分のライセンスを購入すればよいので、大規模ユーザーの求めるアジリティやスケーラビリティを実現します。

主な機能

1. IBMメインフレーム互換性COBOLランタイム

Enterprise Developerに内蔵されている Micro FocusのCOBOLコンパイラーは、IBMメインフレームのクロス開発で半世紀にわたって活用されてきた実績があります。

コンパイルされたCOBOLプログラムを実稼働するEnterprise Serverが内蔵するCOBOLランタイムは、メインフレーム上の実稼働環境で使用する IBM製 COBOLコンパイラーの各種バージョンに対して個別に高い互換性を持っています。

このため Enterprise Serverへのマイグレーションでは、メインフレーム上で稼働していたアプリケーションは非常に高い確率で同様に動作します。

2. IBMメインフレーム互換性JESエンジン

Enterprise Server は、Linux/UNIX/Windows 上での JES互換ジョブ管理システムを提供します。JCL構文として、JES2, JES4 及び VSE環境からのリホストをサポートし、さらに以下のような IBM標準ユーティリティもサポートしています。

  • DFSORT / SORT – ソートマージ
  • FTP - データ転送ユーティリティ
  • IDCAMS – VSAMファイル管理
  • IEBCOMPR / IEBCOPY / IEBGENER / ICEGENER / IEBUPDTE - データセットユーティリティ
  • IEFBR14 – ダミー処理
  • IKJEFT01 / IKJEFT1B / IKJEFT1A - TSOコマンド実行
  • IRXJCL – REXXスクリプト実行
  • IEBDG – テストデータ作成

リホストされたJCLからは、Linux/UNIX/Windows の任意のコマンドを起動することができますので、非標準のユーティリティがあっても代替策を追加することが可能です。

JESのカタログとスプールはLinux/UNIX/Windows ファイルシステムにマップされており、独自のカタログ・スプール管理によってメインフレーム上のジョブ実行と同等の実行結果をサポートします。データセットとしてはVSAM, SAMなどのCOBOL 標準ファイルに加え、PDSや世代データセットもサポートしています。

3. IBMメインフレーム互換性CICSエンジン

Enterprise Server は、Linux/UNIX/Windows上での CICS互換OLTP システムを提供します。プログラミングインターフェイスとして、以下のようなほぼすべてのCICSコマンドをサポートしています:

  • トランザクション管理 START/XCTL/SYNCPOINT/COMMIT/ROLLBACK
  • BMSマップ SEND/RECEIVE
  • データセット READ/WRITE/REWRITE/DELETE
  • キュー管理 TS/TD の READQ/WRITEQ/DELETEQ

メインフレーム環境に類似した CESN / CESF / CWTO などの豊富な既定義トランザクションをサポートし、さらにオープン環境固有の運用コマンドも装備しています。

CICSマイグレーションのステップ
CICSマイグレーションのステップ

CICS資源定義はホスト上でエクスポートされた CSDレポートをバッチでインポートするユーティリティを装備しています。いったんインポートされた資源定義は、Web管理コンソールを使用してオンラインでのメンテナンスが可能です。

他の Enterprise Serverや CICSとの分散トランザクションを可能とするシステム間通信 (ISC) もメインフレームと互換なプロトコルレベルでサポートしており、トランザクションルーティング / ファンクションシッピングが可能となります。

4. IBMメインフレーム互換性IMSエンジン

Enterprise Server は Linux/UNIX/Windows上での IMS互換DB/DCを提供します。CALLインターフェイス (CBLTDLI) と EXEC DLIコマンドの両方をサポートしており、既存COBOLプログラムをそのままバッチ (JCL) およびオンライン (IMSトランザクション) で実稼働させることが可能です。

IMS資源定義マクロ (DBD, PSB, MFS) もメインフレームで使用しているものをそのまま DBDGEN, PSBGEN, MFSGENユーティリティで GENして使用することができます。

IMSマイグレーションのステップ
IMSマイグレーションのステップ

IMSデータベースユーティリティを装備しており、ホストからアンロードされたデータベースのロード、セグメント作成、索引再構成などの作業を、対話型・コマンド起動・JCLサブミット・COBOL APIで利用することができます。

IMS/DC の実行においては、COMMIT/ROLLBACKによるデータベースリカバリ、DR時のロールフォワード、BMPチェックポイント/ リスタートなどのトランザクション管理をサポートしています。